『マンガENGLISH』はマンガと英語のフレーズを同時にインプットすることにより、訳さずに英語のまま理解する「英語脳」を育成するプログラム。英語のフレーズと、その意味内容を表すマンガで、ネイティブスピーカーのように自然に英語を身につけることができます。

FAQs

よくある質問  

みなさまからいただいた質問とその回答です-随時更新しています  

1.対象レベルは?  

A. 初級から上級まで対応しています。

2. 初級から上級まで対応した教材ってどういう内容になっているのですか?  

A. 赤ちゃんが言葉を覚えるまでのプロセスをもとに開発されております。
 ネイティブの発音を歌の歌詞を通して自然と習得していくというコンセプトです。
 現在の英語の習得レベル、あるいは年齢といったことは基本的に関係ありません

 たとえば子どもがカーステレオで流れている歌のCDなどを聞いて歌詞をなんとなく口ずさむということがありますね。こういった事例に着目して開発しておりますので、現在の英語の習得レベルあるいは年齢を気にされることなくご利用いただくことができます。

 レベルに関しましては基本的に実用英会話の習得が中心になっておりますのでどのレベルからでもできる内容になっております。

マンガENGLISH詳しく

3.本当に聞いているだけで話せるの?  

A. 日本人でもアメリカの英語の環境で育った子どもは英語をしゃべり始めます。その場合、言葉を覚えるのに最初から教科書で勉強したりしません。

 英語に限らずその他の国でもその国の言葉を教科書無しでおぼえてしゃべり始めます。
 言葉をしゃべるには、しゃべる以前にまず聞けないと先には進めません。
 英会話の習得には英語を自然に聞いて声に出す環境を作ることが大切なのです。

 『マンガENGLISH』なら、忙しいあなたでもスキマ時間に英語を聞ける環境を簡単・気軽に作ることができます。もちろん、英会話教室との併用でも効果的です。

 想像してください。あなたはまだ言葉を覚えていない赤ちゃんです。
 あなたが赤ちゃんだった頃、机で勉強することなく、周りの大人たちが話す言葉を意識しないで聞き流していただけのはずです。そして、いつか日本語を理解し、しゃべれるようになったはずです。
このプロセスを独自に研究し、教材として開発したのです。

 動画を見て、聞いて、まねるだけで、あなたが日本語を覚えたときのように、自然に英語が身に付きます
 

4.他の教材とは何が違うの?  

A 動画と音声により、英語を日本語に訳さずに英語のままダイレクトに聞いて理解できるようになる教材です。
 
 ちまたによくある“聞き流す”教材は音声のみです。「赤ちゃんと同じように」英語を身につけるためには“ビジュアル”すなわち目からの情報が欠かせません。

マンガENGLISH詳しく

5.学校で習う英語とはどこが違うのですか?  

A. 伝わらない発音と聞き取れないリスニングは意味がありません。学校で習う英語の先生の発音がネイティブの発音との差が大きいと習う生徒は、後々本当に苦労します。

 発音がよくわからないうちは、必ず正しい発音の後について練習することが大切です。とにかく素直に正しい英語の音に耳をかたむけて、同じように発音できるように練習することが、とても重要なのです。

 学校で習った今までの英語の感覚で『マンガENGLISH』を聞くと、はじめは「英語のリダクション」に慣れていないので違和感があるかも知れません。

 英語は速く話されるとその文の中で弱く発音される部分が、個々の単語をひとつひとつ別々に発音した場合と違った発音で話される現象がおこるのです。これがリダクション(音の連結・脱落)です。このリダクションに慣れていないと英語はなかなか聴き取れません。
 例えば、「Pick him up」を正しく発音すると「ピッキマップ」のように聞こえます。
 ネイティブの発音は「pick-him-up」ではなく「pi-ck(h)i-mup」のように発音しているのです。

 英語を覚えるときは文字から覚えるのではなく、ネイティブの発音をよく聞いて実際にネイティブの人が話しているのと同じように言う意識を持っておいてください。
その意識で繰り返しスキマ時間で聞き続けることにより、自分の口から飛びだす英語はリダクションが使えているのです。

 『マンガENGLISH』はこのようなネイティブと英会話ができるようにネイティブの英会話教師による正しい発音での教材なのです。

6.難しくて挫折することは?  

A. マンガ(コマ送りのイラスト)といっしょに英語の音を聞くので安心です。

 これは何も言葉を知らない赤ちゃんが、まわりの人たちの表情や状況から聞こえてくる言葉の意味をイメージして理解していくプロセスと同じです。

 マンガを見ながら主人公の表情や場面をイメージして、1回聴いてわからなければ、2回でも3回でも繰り返し聴いているうちにだんだんわかるようになります。

マンガENGLISH詳しく

7.単語から勉強しないとダメなんじゃないの?  

A. マンガを見ながらすんなり意味が取れる単語を厳選していますので初めは全く単語を知らなくても大丈夫。

 想像してください。あなたはまだ言葉を覚えていない赤ちゃんです。あなたが赤ちゃんだった頃、単語を覚えてから会話を習ったりしなかったはずです。

 学校の英語教育や世に出回っている英語のテキストが単語→文→場面の説明(どんな時に、どう使うのか)という構成になっているため英語学習というのはその順序で進めるべきだと思わされているんですね。

 たとえば、赤ちゃんが“ごはん”という言葉を自然に習得するプロセスを観察してみると

場面(ごはんを食べる)→ 文 「ご飯を食べようね」(Let's have lunch! )という体験を何度も繰り返しているうちに、単語「ごはん」(lunch)の言葉の意味がわかったと思います。

場面→文→単語というプロセスで学習しなければ英会話はできるようになりません

 『マンガENGLISH』は、イラストで場面を導入し、次に英語の音を聞いて、英文にそのままふれて100タイトルものストーリーの中でいろいろな場面で単語に触れていくうちに、英会話はもちろん、単語もちゃんと身に着く学習法です。

8.英語脳が本当に作れますか?  

A. 英語脳とは英語を日本語に訳さずに英語をイメージで捉える回路のことです。

 実はこれは日本語を身につけたときと同じ回路なのです。人間はだれでも自然に言語を習得できる言語装置をもって生まれてきています。私たちは日本語ですでにイメージと音をダイレクトに結びつける回路が完成しています。それを英語でも体験するのです。つまり日本語での習得体験を活用することで、短時間で英語脳を作ることができるのです。

 『マンガENGLISH』は動画と音声により、英語を日本語に訳さずにイメージで捉えることができる回路を作ります。

 英語でもイメージと音声をダイレクトに結びつける回路英語脳を使えるようにすることで、今まで何度聞いても覚えられなかった英単語や英会話が、和訳なしで覚えられるようになります。

9.申し込み費用の他に郵送料や手数料等はかかりますか?  

A. かかりません。しかも教材は郵送ではなく動画なので、インターネットに接続できる環境があればすぐに学習が開始でき、何度でも繰り返し学べます。

10.サポートはありますか?  

A. はい、ございます。サポートをご覧ください。

11. 体験はできますか?  

A. はい、できます。サンプル動画のページをご覧ください。

マンガENGLISH詳しく

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional