“Don’t mention it.”は時代遅れ

英会話の学習法と言えばフレーズを増やすことだと信じてフレーズを増やして来たのに、いまだに英語が話せるようになっていない理由が、英語ネイティブへのインタビューを通して確認できました。

さらに英会話集では “You’re welcome” と同じように使えるフレーズとしてよく知られた “Don’t mention it.” が、実は時代遅れだったかもしれない、という話も出てきます。

そして本当に英語が話せるようになりたければ、どうすれば良いのかという事についてもご紹介しています。こちらのYouTube動画をご覧ください。

10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版


山口智子

英語教育学修士

ケンブリッジ大学英検YLEスピーキング試験官

30年にわたる英語教育による実践と体験から、英語を効率よく身に付ける英語学習法『マンガENGLISH』を開発。『マンガENGLISH』を紹介した書籍を9冊執筆(10時間で英語脳を作る本、など)。小中学校や英会話スクール、商工会等で講演や英会話レッスン多数。英語教師養成など、英語を通した独立支援にも取り組んでいる。