間違ってもいいからたくさん話す

「間違ってもいいからたくさん話すことが大切」というのは本当でしょうか?

もしピアノ教室で「とにかく鍵盤に触っていればそのうち弾けるようになりますよ」と言われても普通は納得しませんよね。

だからよくある英会話スクールで「間違ってもいいからとりあえずたくさん話すことが大切です」と言われても本気にしてはいけません。

確かに間違いを恐れて黙っているよりはマシかもしれませんが、適当に話すよりも、正しい英語に沿って練習しましょう。

間違いを恐れてピアノの発表会に出ないのは本末転倒ですが、ピアノの発表会に向けて、ただ練習をするよりは、楽譜に沿ってきちんと練習した方が発表会では上手に弾けますよね。

つまり正しい英語のテンプレートが必要です。

マンガENGLISHは100%ネイティブ英語なので安心です。

場面を表す漫画イラストとネイティブの英語を聞いて、まねて、漫画イラストを見て話す練習も自分ひとりでできますので効率よく英語を話す力が身につきます。

こちらの動画でわかりやすくご案内しています。

10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版


山口智子

英語教育学修士

ケンブリッジ大学英検YLEスピーキング試験官

30年にわたる英語教育による実践と体験から、英語を効率よく身に付ける英語学習法『マンガENGLISH』を開発。『マンガENGLISH』を紹介した書籍を9冊執筆(10時間で英語脳を作る本、など)。小中学校や英会話スクール、商工会等で講演や英会話レッスン多数。英語教師養成など、英語を通した独立支援にも取り組んでいる。