「Aさんがひと言、何か言ったらBさんも一言で返す」

よくある英会話 のフレーズ集では大抵「Aさんがひと言、何か言ったらBさんも一言で返す」という形式のものが多いです。

その方が学習者にとって分かりやすく覚えやすいという理由だと思いますが、実際に英語ネイティブと会話した経験のある方はお気づきかと思いますが、英語ネイティブはこちらが何か一言、言ったことに対してたくさんコメントをしてきます。

そういうリアルな場面に近い状態で練習をするために 、一つの質問に対してたくさんのコメントが返ってくる経験を練習の段階でしておきましょう。

さらに、よくあるフレーズ集の恐いところは、あたかも「答え方はこれしかない」という間違ったイメージを持ってしまう事です。

「Aと言われたらB」というイメージで学習を続けているうちは、「何て言えば良いんだろう」といつも不安で仕方ないのです。

こんな不自然で不便なことはありません。

1日も早く英語を音だけで何とかしようとする脳の働きを育てながら、対話で必要な、相手が言っていることを理解できた範囲で、カタコトでもいいので返していく練習を、字幕も日本語の訳もシナリオもない教材で重ねていきましょう。

以前の私たちなら「こんなの無理」と逃げ出していたと思いますが、マンガEnglish 100タイトルを通して、連続音の中から単語の切り出しを、自分の耳と口を使って頑張っている今の私たちなら、諦めてしまうなどということなく、いつかうまくいくまで、続けることができると信じています。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版


山口智子

英語教育学修士

ケンブリッジ大学英検YLEスピーキング試験官

30年にわたる英語教育による実践と体験から、英語を効率よく身に付ける英語学習法『マンガENGLISH』を開発。『マンガENGLISH』を紹介した書籍を9冊執筆(10時間で英語脳を作る本、など)。小中学校や英会話スクール、商工会等で講演や英会話レッスン多数。英語教師養成など、英語を通した独立支援にも取り組んでいる。