おとなになって英語の発音を身につける

英会話で「発音」は大切な要素の一つですね。

通じる発音が出せなければ相手に自分の言葉を伝えることが出来ませんし、英語ネイティブの発音を知らなければそもそも聞き取りすらままならないからです。

幼い子どもたちは、特に3~4歳ごろまでは「感覚期」と専門家は呼ぶそうですが、感覚的に音をとらえることが出来るので、どの子も母国語は失敗しないんですね。

ところが3~4歳を過ぎてくると、感覚よりも認識力などを使って新しい物事を既に知っている事と結びつけたり、カテゴリー別に分類しながら記憶するので、丸暗記が得意ではなくなってしまいます。

ある程度の年齢になって英語の発音を身につけたいときに、ただひたすら聞いて真似るという感覚だけに頼った学習をいくら続けていても、なかなか成果は見えて来ません。

そこで世界的にもよく知られた方法ですが、ある程度の年齢になって外国語の発音を学ぶ場合、文字と音の関係を結び付けながら理解し記憶するのが良いと言われています。

英語の場合は世界的に良く知られた2つのアプローチがあります。

一つ目は一文字と音、もしくは二文字と音との関係を結びつける方法です。

たとえば「aはappleの/æ/」「cは/k/」、そして「thは/θ/または/ð/」というように・・・

もう一つはヨーロッパではよく知られた学習法で文全体で音をとらえるやり方です。

具体的にこちらのYouTube動画でご案内しています。

これからもいっしょにがんばりましょう♪

10時間で英語脳育成プログラム マンガENGLISH100 フルセット版


山口智子

英語教育学修士

ケンブリッジ大学英検YLEスピーキング試験官

30年にわたる英語教育による実践と体験から、英語を効率よく身に付ける英語学習法『マンガENGLISH』を開発。『マンガENGLISH』を紹介した書籍を9冊執筆(10時間で英語脳を作る本、など)。小中学校や英会話スクール、商工会等で講演や英会話レッスン多数。英語教師養成など、英語を通した独立支援にも取り組んでいる。